QRコード
ホーム > 婦人科


子宮頸がん予防ワクチン
子宮頸がん予防ワクチンとは
HPVワクチン

病気の原因となる細菌やウイルスなどをあらかじめ接種しておき、病気を防ぐ方法です。子宮頸がん予防ワクチンのサーバリックスは、発がん性HPVの中でも特に子宮頸がんの原因として最も多く報告されている16型・18型の2種類の感染を防ぎ、ガーダシルは6型・11型・16型・18型の4種類の感染を防ぐワクチンです。感染を防ぐために3回のワクチン接種で、発がん性HPVの感染から長期にわたってからだを守ることが可能です。しかし、このワクチンは、すでに今感染しているHPVを排除したり、子宮頸部の前がん病変やがん細胞を治す効果はなく、あくまで接種後のHPV感染を防ぐものです。


対象者
 10歳以上の女性
費用
 ワクチン接種料金…1回 16,200円(税込)× 3回接種
接種回数
 3回接種
 (ただし3回とも同じワクチンで接種する必要があります。
  途中でワクチンの種類を変更すると公費負担接種の対象外となります。)
接種間隔
 サーバリックス  初回接種/2回目接種(初回接種から1ヵ月後)/3回目接種(初回接種から6ヵ月後)
 ガーダシル    初回接種/2回目接種(初回接種から2ヵ月後)/3回目接種(初回接種から6ヵ月後)

≪持参するもの≫
・予防接種手帳もしくは母子健康手帳(親子手帳)
・上記をお持ちでない中学生以上の方は氏名・生年月日・住所を確認できるもの(保険証など)

PAGE TOPへ