QRコード
ホーム > 入院される方へ


  • 入院中の生活
院内設備・室内設備・備品について

・1階は受付となります。
・2階は病室・談話室・手術室・ナースステーションがございます。
・3階はシャワー室2室・ジャグジー風呂・コインランドリーがございます。

・コインランドリーでは、洗濯1回200円・乾燥(30分)100円となっています。
 ≪利用時間:午前8時~午後8時≫

・携帯電話をお持ちの方は、談話室・各個室でご使用いただくようご協力お願い致します。

個室
病室

・病室は大部屋と個室があります。

・個室は、部屋によって異なりますが(1日につき)10,800円と6,480円です。
テレビ・冷蔵庫・ロッカー・アメニティーグッズ(歯ブラシセット・ヘアブラシ・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ボディータオル)を完備しております。


大部屋

・大部屋は無料です。テレビ・冷蔵庫・ロッカーを設置しております。
・空調(エアコン)は、お部屋で温度調節が可能です。冷暖房の切り替えは、ナースステーションにて集中管理をしております。




お食事

朝食・・・8時  昼食・・・12時  夕食・・・18時


アレルギーがございましたら、管理栄養士までお申しつけください。


入浴・シャワー
ジャグジー室 シャワー室

・シャワー室は毎日ご利用になれます。ジャグジー風呂のご使用につきましては、看護師より説明をいたします。
・3階にシャワー室2室・ジャグジー風呂1室があります。
≪利用時間:午前8時~午後8時≫
・それぞれバスタオル、フェイスタオル、ドライヤーを準備しておりますのでご利用ください。


ご面会について

・ご面会時間は、午後1時から午後8時までとなっております。午後8時から午前8時までは、全館施錠いたします。
・患者様の病室はナースステーションでお尋ねください。
・患者様の状態・ご面会者の症状により、ご面会をお断りする場合がございますので、ご了承ください。


  • 入院の準備
大部屋
入院時に必要な書類

・健康保険証及び各種福祉医療証など
・手術承諾書
・入院証書
・入院診療計画書


入院生活に必要なもの

・洗面用具・・・歯磨きセット、石鹸
・洗髪用具・・・シャンプー、リンス、くし
・衣類  ・・・下着類、パジャマ、タオル(フェイスタオル、バスタオルはシャワー室に完備)
・食器類 ・・・スプーン、箸、湯のみ
・その他 ・・・筆記用具、ティッシュ、ナプキン、スリッパ、洗剤、TVイヤホン、服薬中の薬、印鑑


・個室ご入院の場合、アメニティーセット(歯ブラシセット・ヘアブラシ・シャンプー・リンス・ボディーソープ・ボディータオル)をご用意しております。
・指輪、ネックレス、時計、ピアス、つけ爪(ジェルネイル)、つけまつげ(エクステ)等は、手術の時外していただくようになります。
・貴重品などは当院でのお預かりはしておりません。防犯管理上、必要以上の貴重品はお持ちにならないで下さい。


  • 入院スケジュール

例)婦人科腹腔鏡下手術「子宮筋腫核出術」「附属器摘出術」「卵巣のう腫摘出術」スケジュール

処置 日常生活およびケア 食事
入院日 ・入院オリエンテーション
・おへその掃除をします
夕:低残渣食
手術当日 ・浣腸を実施
*手術実施*
絶飲食
術後1日目 ・血液検査
・点滴(朝3本、夕1本)
・歩行可能になれば尿の管を抜きます
・洗髪・シャワーが可能 医師による廻診後から
飲水が可能
朝:流動食
昼:全粥食
夕:全粥食
術後2日目 ・点滴(朝2本、夕1本) 朝昼夕:普通食
術後3日目 ・点滴(朝1本、夕1本) 朝昼夕:普通食
術後4日目 ・内服薬(抗生剤)服用が開始
・退院可
朝昼夕:普通食
※病状により変更があります。

例)婦人科腹腔鏡下手術「腹腔鏡下卵巣多孔術」「腹腔鏡下卵管通色素検査」入院スケジュール

処置 日常生活およびケア 食事
入院日 ・入院オリエンテーション
・おへその掃除をします
夕:低残渣食
検査・手術当日 ・浣腸を実施
・朝より点滴を開始
*検査・手術実施*
(検査・手術が午前の場合)
歩行可能になれば尿の管を抜きます
絶飲食
術後1日目 ・血液検査
・点滴(朝2本)
(検査・手術が午後の場合)
歩行可能になれば尿の管を抜きます
・内服薬(抗生剤)服用が開始
・医師による診察結果により退院が可能
・洗髪・シャワーが可能 医師による廻診後から
飲水が可能
朝:流動食
昼:全粥食
(夕:普通食)
※病状により変更があります。

例)乳腺手術「乳房部分切除術」入院スケジュール

処置 日常生活およびケア 食事
入院日 ・入院オリエンテーション
・腋の剃毛をします(必要時)
夕:普通食
手術当日 ・点滴を開始
*手術実施*
絶飲食
術後1日目 ・医師による診察
・歩行可能になれば尿の管を抜きます
・洗髪・シャワーが可能 飲水が可能
朝:流動食
昼:全粥食
夕:普通食
術後2日目 ・医師によるガーゼ交換 朝昼夕:普通食
術後3日目 ・医師によるガーゼ交換 朝昼夕:普通食
術後4日目 ・医師によるガーゼ交換 朝昼夕:普通食
術後5日目 ・医師による診察結果で退院が可能 朝昼夕:普通食
※病状により変更があります。

  • 費用について

当院では、退院日(退院日が日・祝の場合は退院前日)に受付窓口にて現金一括支払いをお願いいたしております。
なお、入院時に窓口で現金のお預かりが可能ですのでご相談ください。



【自己負担額の目安】(70歳未満の方)
区分 自己負担限度額
① 区分ア
(標準報酬月額83万円以上の方)
252,600円+
{(医療費-842,000円)×1%}
② 区分イ
(標準報酬月額53~79万円以上の方)
167,400円+
{(医療費-558,000円)×1%}
③ 区分ウ
(標準報酬月額28~50万円以上の方)
80,100円+
{(医療費-267,000円)×1%}
④ 区分エ
(標準報酬月額26万円以下の方)
57,600円
⑤ 区分オ
(被保険者が市町村民税の非課税者等)
35,400円
高額医療制度について

入院費用が高額の場合、窓口負担を軽減することができます。
事前に申請の上、入院時に窓口へ「限度額適用認定証」と「健康保険被保険者証」を提示してください。
70歳以上の方は、「高齢受給者証」と「健康保険被保険者証」を提示してください。

※保険がきかない診療行為や差額ベッド料、入院時食事療養費などは自己負担となります。


申請方法

本人または代理人が申請窓口に申し込んでください。
【申請に持参するもの】
・保険証
・印鑑
・本人確認ができるもの(免許証等)

【申請窓口】
・国民健康保険の方:市役所または支所の国民健康保険課
・社会保険の方:担当の社会保険事務局



その他ご不明な点がございましたら、お気軽にお問い合わせください。TEL(086)281-2020

PAGE TOPへ